磐梯酒造株式会社

わたしたちのこだわり。

磐梯山の地下伏流水を使い、地元の米、地元の杜氏にこだわり、
地域に根ざした地酒造りに励んでおります。
夢を語りながら酌み交わせるような
日本酒を造っていきたいと思いを込め、酒造りに日々情熱を注いでおります。

磐梯酒造の水

酒蔵がある磐梯町は猪苗代湖と会津盆地の中間に位置しており、
名峰磐梯山麓のなだらかに広がる高原の町です。
日本名水百選の磐梯西山麓湧水群が散在し、酒造りにはまさに打ってつけの環境です。
こんこんと湧き出る清冽な自然水を仕込み水にふんだんに使い、極上の酒を造り出しております。

磐梯酒造の米

磐梯山の懐に抱かれた周辺一帯は風光明媚な自然が自慢です。
美味しい米の生産地としても名高く、美味しい酒どころの所以となっております。
この地で酒造りを営む磐梯酒造では、地元の信頼ある契約農家さんで生産された酒米を原料にしております。

磐梯酒造の製法

大手の酒蔵ではなかなか難しい昔ながらの製法で酒造りをしております。
例えば絞り。佐瀬式の槽を使い二日間かけゆっくり丁寧に絞ります。
機械化は最小限に抑え、できる限り手を掛け蔵人の知恵と技を実践し、伝統の手法を伝え続けております。

磐梯酒造の人

明治23年の創業以来現在5代目となります。
自ら蔵に入り杜氏としてこだわりの酒造りをしています。
会津の中でも特に磐梯山の麓は極寒。
その中での酒造りは特に厳しくもありますが、そういう環境であるからこそ芳醇で深い味わいのお酒が生まれるのです。
「飲む人が夢を語れる酒」を目指し、丹念に愛情を持って酒造りをしております。

磐梯酒造